電子物質科学科〔学部〕/電子物質科学コース〔大学院(修士課程)〕

電子物質科学科の概要

電子物質科学科設計した化学反応通りに
目的物質ができたかな?
分析してみましょうか

 エレクトロニクスや高性能電池による自動車の進歩、LED照明、ブルーレイディスクの出現による情報機器の発展や高性能太陽電池開発など、電子デバイスと材料開発の分野で生活や産業の基盤となる新しい技術が生まれています。本学科は電子物理工学と材料化学を基礎として、エネルギー産業、自動車を代表とする輸送機器産業或いは電気電子機器産業の発展に不可欠な電子デバイス及び材料の創製やMEMSのような今後発展が予想されるナノデバイスまで、幅広い電子デバイスや今後ますますの発展が望まれるエネルギー関連材料などにかかわる学問分野と科学技術に関する実践的教育・研究を行うとともに、新規な学問領域や科学技術の進歩を牽引できる人材の育成を目標としています。

教育内容 分野紹介 卒業後の進路 教員紹介

電子物質科学科の教育

電子物理デバイス工学実験電子物理デバイス工学実験Ⅰ
(デバイス特性の測定)

 電子物質科学科では、「電子物理デバイス分野」と「材料エネルギー化学分野」の2つの分野を設けています。1年次に共通の専門授業を受けたのち、2年次から分野に分かれ、電子物理工学及び材料化学の基礎とそれらの発展による専門分野の科学と工学を学びます。

電子物理デバイス分野

 電磁気学、電気・電子回路、固体物理学、電子デバイスなどのエレクトロニクスの基礎学問に加え、新規なデバイス創製のために不可欠な物質科学分野の基礎学問を学ぶことにより、電子デバイスや物質科学の基礎を身に付けた、世界的な視点で新しいデバイスを革新できる優れた人材の育成を目指します。

材料エネルギー化学分野

 化学の基礎に加え、物理化学・材料科学などの基礎学問を確実に修得することにより、再生可能エネルギーを生み出すエネルギー関連材料や環境調和材料あるいは新たなデバイスの創製につながる電子・光材料の開発が可能な優れた人材の育成を目指します。

電子物理デバイス分野

 本分野では、電磁気学、電気・電子回路、固体物理学、電子デバイスなどのエレクトロニクスの基礎学問に加え、新規なデバイス創製のために不可欠な物質科学分野の基礎学問を学ぶことにより、電子デバイスや物質科学の基礎を身に付けた、世界的な視野から電子デバイス分野の発展に寄与できるエレクトロニクス技術者の育成を目標としています。

 将来にわたり日本の豊かな高度福祉社会を維持・発展させるためにはエレクトロニクスをハード面から支える先端デバイスの開発に携われる人材の育成が不可欠であり、電子デバイスや画像デバイス開発の中核を担ってきた電子工学研究所や電気電子工学科の材料デバイス分野と物質工学科の材料エネルギー化学分野の融合により、エネルギーデバイスや光・電子デバイスなどの新規デバイスを創製できる広い視野と学問的基礎を兼ね備えたエレクトロニクス技術者を育成します。

 さらに、修士課程を含めた専門科目では、量子効果デバイスや固体表面化学、ナノ構造物の電気伝導など、今後のデバイス創製に不可欠な量子エレクトロニクス、スピントロニクス、ナノフォトニクスといった分野の教育も網羅しています。卒業研究や修士課程で配属される研究室でも、ナノテクノロジーや量子力学的効果を利用した最先端のデバイス研究が行われています。そこでは材料開発から実際のデバイス作製まで、世界の最先端の研究に携わりながら、研究者・技術者としてのポテンシャルを高めることができます。

 それゆえに、本分野を修めた学生は、卒業後には日本の中核企業で活躍し、未来のエレクトロニクス産業の発展に大きく寄与すると期待されます。

電子物理デバイス分野広帯域チューナブル中赤外線レーザの研究
※画像をクリックで拡大

電子物理デバイス分野真空電子の優位性を活かした電子ビームデバイス
およびアプリケーションの研究
※画像をクリックで拡大

材料エネルギー化学分野

 本分野では、化学の基礎分野及び物理化学を確実に修得するとともに、電磁気学、電気・電子回路、固体物理学、電子デバイスなどのエレクトロニクスの基礎学問を学ぶことで、再生可能エネルギーを生み出す新規エネルギー関連材料や環境調和材料 (Materials with low environmental load) あるいは新規デバイスの創製に繋がる電子光材料の開発が可能な優れた人材の育成を目指します。

 将来の産業分野として大きな発展が期待される太陽電池等のエネルギー関連産業のみならず、従来の自動車を基盤とする輸送機器産業や家電製品を基盤とする電気電子機器産業と、あらゆる産業において省エネ技術をはじめとする環境調和型エネルギーデバイスの新技術を開発することは、緊急かつ継続的な課題となっています。これら新技術の開拓にあたり、材料エネルギー化学分野では、薄膜・ナノ材料、エネルギー関連材料、次世代革新電池、光材料、希少元素を代替できる新材料、省エネルギープロセスによる先端材料の合成技術等あらゆる視点から新技術開拓に向けて取り組んでいます。学生は、電子物質科学の基礎学問の習得により近年の複合的技術に対応できる広い視野を身につけ、これを基盤として本分野の各研究室が取り組む最先端の材料エネルギー化学研究に卒業研究や修士課程において取り組み、材料科学を高度に応用、展開することができる能力を研鑽します。

 これら基礎学力習得とその応用展開能力を厳しく研鑽された学生は、大きな期待がよせられる新規エネルギー関連材料等分野の優れた技術者あるいは研究者として飛躍するのみならず、幅広い分野でグローバルに活躍することが期待されるポテンシャルを獲得することが期待されます。

材料エネルギー化学分野2種類の高分子原料を同時に蒸発させた
真空蒸着法では自発的な交互積層と
界面での重合が生じる場合があります。
この構造を有する有機・高分子材料は
特異な電気的光学的物性を示します。

材料エネルギー化学分野大きさのそろった高分子の球をすき間なく並べ、
その上にセラミックス薄膜を作製後、
熱処理すると上図のような薄膜ができます。
このようなセラミックス薄膜は特異な
電気的光学的特性を示します。

卒業後の進路

 学部卒業生の約60%が大学院修士課程に進学し、修士課程修了者のうち若干名が博士後期課程に進学します。 就職先はおもに電子機器産業(東芝、パナソニック、日立、富士通)、光産業(浜松ホトニクス等)、自動車・輸送機器産業(トヨタ、スズキ、ホンダ、ヤマハ発動機、ダンロップ、JR東海、デンソー、アイシン精機等)、エネルギー産業(中部電力、電池関連会社等)、ガラス・セラミックス産業(日本特殊陶業、ノリタケ、LIXIL、TDK、村田製作所、太陽誘電、旭硝子、京セラ、日本ガイシ等)、化学産業(豊田合成、東海ゴム、東亞合成、日東電工)等幅広い産業分野にわたります。

 就職率はほぼ100%です。

主な就職先(平成26~28年度卒業・修了生)

※本学科に所属する教員の研究室を卒業・修了した学生の実績に基づくものです。

  • スズキ
  • SUBARU
  • ダイハツ工業
  • トヨタ自動車
  • ヤマハ発動機
  • アイシン精機
  • 小糸製作所
  • デンソー
  • 中部電力
  • TDK
  • キヤノン
  • セイコーエプソン
  • ソニー
  • パナソニック
  • ブラザー工業
  • 三菱電機
  • 村田製作所
  • GSユアサ
  • シャープ
  • 浜松ホトニクス
  • ローム
  • JSR
  • 花王
  • 信越化学工業
  • 日本ガイシ
  • 日本特殊陶業
  • 大日本印刷
  • 凸版印刷
  • 大同特殊鋼
  • 日本軽金属

取得可能資格

  • 高等学校教諭一種免許状(工業)

教員

電子物理デバイス分野教員一覧

教授
石田 明広 半導体工学
井上 翼 半導体工学
猪川 洋 ナノエレクトロニクス
小野 行徳 量子ナノデバイス
古門 聡士 物性理論
立岡 浩一 半導体工学
中島 伸治 光学
永津 雅章 プラズマエレクトロニクス
早川 泰弘 電子材料工学
藤間 信久 電子物性一般
ミゼイキス V. フォトニクス
三村 秀典 光, 画像デバイス
准教授
池田 浩也 半導体ナノデバイス
伊藤 哲 量子エレクトロニクス
岡部 拓也 物性理論
荻野 明久 プラズマ理工学
小野 篤史 プラズモニクス
高野 泰 半導体工学 
田村 了 物性理論
中野 貴之 結晶工学
根尾 陽一郎 真空ナノエレクトロニクス
講師
堀 匡寛 半導体デバイス
助教
佐藤 弘明 光デバイス
志村 洋介 半導体工学
中嶋 聖介 磁性体ナノ材料
文 宗鉉 真空ナノデバイス

材料エネルギー化学分野教員一覧

教授
東 直人 物理化学
久保野 敦史 有機材料物性
昆野 昭則 電気化学
下村 勝 表面化学
鈴木 久男 無機材料科学
須田 聖一 エネルギー材料界面工学
原 和彦 電子・光材料
符 徳勝 材料物理
村上 健司 電子材料工学
脇谷 尚樹 無機材料科学
准教授
奥谷 昌之 無機材料
小南 裕子 光物性工学
坂元 尚紀 無機材料科学
田中 康隆 リチウムイオン電池
モラル D. ナノ電子材料
講師
嵯峨根 史洋 電気化学
助教
川口 昂彦 超伝導,薄膜成長
光野 徹也 半導体工学
松原 亮介 有機材料物性