電気電子工学専攻修士2年瀬戸 大作君(渡邊研究室)が、「IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science」において、ベストポスター賞を受賞しました。

 工学研究科電気電子工学専攻修士2年の瀬戸大作君(渡邊実研究室)が、2009年11月8日~11日に開催された「IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science」において、タイトル「Fault tolerance analysis of MEMS holographic memory for DORGAs」の研究発表により、ベストポスター賞を受賞しました。

渡辺研究室HP:http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~f0830117/index.html
IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science Homepage:http://www.mein.nagoya-u.ac.jp/mhs/MHS2009-Top.html

電気電子工学専攻修士2年瀬戸 大作君(渡邊研究室)が、「IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science」において、ベストポスター賞を受賞しました。
(クリックで拡大します)

写真:受賞した賞状

前に戻る