物質工学専攻修士2年 関口聖之君(佐古・岡島研)が、9月24日~26日に開催された化学工学会第40回秋季大会の「超臨界流体技術の新展開」シンポジウムにおいて、化学工学会優秀発表賞を受賞しました。(PDF)

題目:「超臨界二酸化炭素中での高分子微粒子の改質反応」、(社)化学工学会は1936年に発足した「化学機械協会」を前身とする。化学工学とはまさに化学のための工学であり、合理的な化学プロセスの開発・設計・操作を目的とする学問である。

前に戻る