吉田信行准教授(化学バイオ工学系列)が参画している研究グループによる提案がJST未来社会創造事業に採択されました

吉田信行准教授(化学バイオ工学系列)が参画している研究グループによる提案「循環型 C1 炭素を資源化する革新的低炭素型物質生産系の開発」がJST未来社会創造事業に採択されました。
本事業は、社会・産業ニーズを踏まえ、経済・社会的にインパクトのあるターゲットを明確に見据えた研究開発を実施するもので、その中の重点テーマ「ゲームチェンジングテクノロジーによる低炭素社会の実現」において、微生物による革新的なメタン、メタノールの有効利用についての研究が進められます。本研究は,静岡大学のSDGs宣言にも大きく貢献するものと言えます。

JST未来社会創造事業(探索加速型研究提案)
課題名:循環型C1炭素を資源化する革新的低炭素型物質生産系の開発
研究開発グループ:京都大学(代表)、東京工業大学、静岡大学
吉田信行准教授(化学バイオ工学系列)が参画している研究グループによる提案がJST未来社会創造事業に採択されました

吉田研究室(微生物細胞機能学研究室)HP:
https://wwp.shizuoka.ac.jp/yoshida-cb-shizuoka/

前に戻る