化学バイオ工学コース 越智健太郎さん、德田真穂さん、柳谷洸輔さん、金原和秀教授、新谷政己准教授が日本農芸化学会2021年BBB論文賞を受賞しました

化学バイオ工学コース 越智健太郎さん(2019年度修了)、德田真穂さん(2020年度修了)、柳谷洸輔さん(2018年度修了)、金原和秀教授、新谷政己准教授らの論文が日本農芸化学会2021年BBB論文賞を受賞しました。

同賞は日本農芸化学会英文誌「Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry(BBB)」に掲載されたRegular Paper、Communicationより毎年優秀な論文に授与されるものです。

今回の受賞対象となった論文では、微生物間を伝播するプラスミドDNAの動態について、異なる酸素濃度の環境下で比較したところ、伝播の頻度や、伝播する微生物の種類が変化することを発表しました。プラスミドは、抗生物質を無効化する耐性遺伝子や、人為起源の難分解性物質を代謝可能にする遺伝子を「運ぶ」ことで、微生物の形質を劇的に変える遺伝因子です。その動態の理解は、プラスミドを介した微生物の進化・適応機構の解明や、多剤耐性菌の出現・蔓延を防ぐためにも重要です。しかし、自然界に酸素濃度の異なる環境は無数にあるにもかかわらず、プラスミドの動態の比較はほとんどなされてきませんでした。今回の成果は、その一端を明らかにしたものです。

受賞論文:Oxygen concentration affects frequency and range of transconjugants for the incompatibility (Inc) P-1 and P-7 plasmids pBP136 and pCAR1
著者:Kentaro Ochi, Maho Tokuda, Kosuke Yanagiya, Chiho Suzuki-Minakuchi, Hideaki Nojiri, Masahiro Yuki, Moriya Ohkuma, Kazuhide Kimbara, Masaki Shintani
DOI: https://doi.org/10.1093/bbb/zbaa118

公益財団法人日本農芸化学会HP:
https://www.jsbba.or.jp/

BBB論文賞Website:
https://www.jsbba.or.jp/about/awards/about_awards_bbb_journal.html

金原・新谷研究室 HP:
https://wwp.shizuoka.ac.jp/kimbara-shintani/papers/

前に戻る