電気電子工学コース 大薮 達也さん(大橋研究室)、創造科学技術大学院 スルタナ・レベッカさん(大橋研究室)、大橋 剛介教授(電気電子工学系列)がQuality Control by Artificial Vision(QCAV2021)でBest Paper Awardを受賞しました

電気電子工学コース 大薮 達也さん(大橋研究室, 2021年3月修了)、創造科学技術大学院 スルタナ・レベッカさん(大橋研究室)、大橋 剛介教授(電気電子工学系列)が、2021年5月12日から14日までオンライン開催されたQuality Control by Artificial Vision(QCAV2021)において、Best Paper Awardを受賞しました。

論文題目:Pre-training Dataset Generation for Classifying Beams of Vehicle Headlights from Nighttime Camera Image
著者:Tatsuya Oyabu, Rebeka Sultana, Gosuke Ohashi

Quality Control by Artificial Vision (QCAV2021) Homepage
http://www.tc-iaip.org/qcav/2021/

大橋 剛介 教授:
https://tdb.shizuoka.ac.jp/RDB/public/Default2.aspx?id=10404&l=0

電気電子工学コース 大薮 達也さん(大橋研究室)、創造科学技術大学院 スルタナ・レベッカさん(大橋研究室)、大橋 剛介教授(電気電子工学系列)がQuality Control by Artificial Vision(QCAV2021)でBest Paper Awardを受賞しました
賞状(クリックで拡大します)

前に戻る