近藤 淳教授(機械工学系列)がInternational Electrotechnical Commissionより1906賞を受賞しました

近藤 淳教授(工学領域・機械工学系列)が IEC(International Electrotechnical Commission, 国際電気標準会議)より1906賞を受賞しました。
同賞は電気・電子技術の標準化活動に大きく貢献した方に対する表彰です。近藤教授はIEC TC49において標準化活動を行っており、圧電センサの標準化に関するWG13ではConvenorとして次の3つの標準化へ貢献しました。
[1] IEC 63041-1, Piezoelectric sensors – Part 1: Generic specifications (2017-12)
[2] IEC 63041-2, Piezoelectric sensors – Part 2: Chemical and biochemical sensors (2017-12)
[3] IEC 63041-3, Piezoelectric sensors – Part 3: Physical sensors (2020-08)

IECウェブサイト
https://www.iec.ch/

IEC TC49ウェブサイト
https://www.iec.ch/dyn/www/f?p=103:7:0::::FSP_ORG_ID:1257

経済産業省の関連ウェブサイト
https://www.meti.go.jp/press/2020/09/20200930002/20200930002.html

近藤淳研究室 HP
https://wwp.shizuoka.ac.jp/kondoh-lab/

前に戻る