化学バイオ工学コース 修士1年生 今井 咲さん(鳴海 哲夫研究室)が第23回韓国ペプチドタンパク質学会シンポジウム (The 23rd Korean Peptide Protein Society Symposium) において優秀発表賞(ポスター発表の部)を受賞しました

工学専攻 化学バイオ工学コース 修士1年 今井 咲さん(鳴海 哲夫研究室)が、令和元年7月1日から2日に韓国・Sol Beach Yangyangにて開催されました 第23回韓国ペプチドタンパク質学会シンポジウム(The 23rd Korean Peptide Protein Society Symposium) において、令和元年7月1日に優秀発表賞(ポスター発表の部)を受賞しました。

受賞題目:「One-Pot Synthesis of Highly Functionalized 2-Chloroaziridines and Their Application to the Synthesis of (Z)-Chloroalkene Dipeptide Isosteres Containing alpha,alpha-Disubstituted Amino Acids 」

日本ペプチド学会 HP:
https://www.peptide-soc.jp

韓国ペプチドタンパク質学会 HP:
http://www.kpps.or.kr

鳴海哲夫研究室 HP:
https://wwp.shizuoka.ac.jp/tenarumi/

化学バイオ工学コース 修士1年生 今井 咲さん(鳴海 哲夫研究室)が第23回韓国ペプチドタンパク質学会シンポジウム (The 23rd Korean Peptide Protein Society Symposium) において優秀発表賞(ポスター発表の部)を受賞しました
授賞式の様子(クリックで拡大します)

化学バイオ工学コース 修士1年生 今井 咲さん(鳴海 哲夫研究室)が第23回韓国ペプチドタンパク質学会シンポジウム (The 23rd Korean Peptide Protein Society Symposium) において優秀発表賞(ポスター発表の部)を受賞しました
受賞した表彰状(クリックで拡大します)

前に戻る