鳥居 肇教授(化学バイオ工学系列)の論文がカナダのリサーチニュース会社Advances in Engineeringのホームページで紹介されました

 鳥居 肇 教授(化学バイオ工学系列)の論文が、科学的および工学的に注目すべき研究成果として、平成30年8月8日、カナダのリサーチニュース会社Advances in Engineering(以下AIE社)のホームページで紹介されました。

 AIE社では、主な学術雑誌に掲載された論文から毎週約20件の重要な研究を選考して、自社のホームページで紹介しています。

 今回取り上げられた論文は“Intermolecular charge fluxes and far-infrared spectral intensities of liquid formamide” [Phys. Chem. Chem. Phys. 20, 3029–3039 (2018)] です。この論文を含む一連の研究によって、水やホルムアミドといった水素結合性液体の遠赤外領域(テラヘルツ領域の比較的高振動数側)のスペクトルに対して、分子間にわたる電子の振舞いが重要な役割を果たすことを明らかにしました。この現象を取り扱うために考案された理論モデルは、多様な系に応用できるものと期待されます。

 なお、本研究は科研費「新学術領域研究(理論と実験の協奏による柔らかな分子系の機能の科学)」JP16H00832の助成を受けて行われたものです。

AIE社ウェブサイト掲載記事:
https://advanceseng.com/far-infrared-spectrum-of-liquid-formamide/

Torii, H. (2018). Intermolecular charge fluxes and far-infrared spectral intensities of liquid formamide. Physical Chemistry Chemical Physics, 20(5), 3029-3039.
http://dx.doi.org/10.1039/C7CP02644G

鳥居 肇研究室HP:
http://reve2.eng.shizuoka.ac.jp/jp.html

前に戻る