国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」から静岡大学超小型衛星「STARS-C」が放出(12月19日午後5時50分)されました

 国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」から静岡大学超小型衛星「STARS-C(愛称:はごろも)」が放出(12月19日午後5時50分)されました。
 「はごろも」は、平成26年9月に国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」からの放出衛星に選定されました。衛星は一辺10cmの正六面体の2つの衛星をテザーと呼ばれるケーブルで繋いだ構造です。将来の宇宙エレベーター等にとって重要なテザー展開技術を宇宙で実証します。

「宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター」の関連記事:
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/news/20161219-stars-c.html

JAXA(宇宙航空研究開発機構)による「超小型衛星「STARS-C」(静岡大学)放出ライブ中継」動画:
https://www.youtube.com/watch?v=QOseY2mE5LY

山極 芳樹研究室 HP:
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~ha029585/

能見 公博研究室 HP:
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~se211397/

STARSプロジェクト HP:
http://stars.eng.shizuoka.ac.jp/


「はごろも」イメージ図(ⓒ静岡大学/Dino Sato)(クリックで拡大します)

前に戻る