香川 景一郎准教授(電気電子工学専攻、電子工学研究所)が世界最速のシリコンイメージセンサを開発

香川 景一郎准教授(電気電子工学専攻、電子工学研究所)がシリコンイメージセンサにおける、世界最速のフレームレート(2億枚毎秒)を実現しました。
複眼光学系、超高速時間分解CMOSイメージセンサ、圧縮サンプリングを融合することで、効率的な時間サンプリングと、超高時間分解能を実現しています。

川人 祥二・香川 景一郎・安富 啓太研究室 HP:
http://www.idl.rie.shizuoka.ac.jp/

本プレス発表は、日刊工業新聞(平成27年3月4日付)、日本経済新聞(平成27年3月4日付)、朝日新聞(平成27年3月9日付)、中日新聞(平成27年3月11日付)、静岡新聞(平成27年3月38日付)で報道されました。

記事転載:静岡新聞 平成27年3月28日掲載(静岡新聞社編集局調査部許諾済み)

前に戻る