静岡大学浜松キャンパスのグランド“人工芝化”による「災害時地域防災拠点整備等」完成記念イベントの開催

 静岡大学浜松キャンパスでは6月8日、グランド“人工芝化”による「災害時地域防災拠点整備」完成記念イベントを挙行しました。静岡大学は、「東海地震の想定震源域」に位置し、浜松キャンパスのグランドは浜松市の広域避難地に指定されています。このため浜松キャンパスのグランドが大規模災害時に屋外避難所として十分な防災機能を果たせるよう“グランドの人工芝化”と共に、“防災用パーゴラ”、“防災用トイレベンチ”、“防災用かまどベンチ”等の防災設備を整備するなど“屋外の地域防災拠点” として防災機能強化を図りました。
 記念イベントは、静岡大学付属中学校、浜松市立蜆塚中学校、浜松市立浜北北部中学校、静岡県立浜松北高等学校のサッカーチームを招き、伊東学長らによるゴールへのシュートなど盛大に行われました。

静岡大学浜松キャンパスのグランド“人工芝化”による「災害時地域防災拠点整備等」完成記念イベントの開催
(クリックで拡大します)

前に戻る