Cyryl Kozaczewski駐日ポーランド大使がワルシャワ工科大学Jablonski教授とともに本学創造科学技術大学院と電子工学研究所を訪問

2013年10月30日に、Cyryl Kozaczewski 駐日ポーランド大使が、ワルシャワ工科大学Jablonski 教授、駐日ポーランド大使館Ms. Urszula Osmycka2等書記官とともに、本学浜松キャンパス創造科学技術大学院と電子工学研究所を訪問されました。
本学からは柳沢正副学長はじめ、永津雅章創造科学技術大学院長、三村秀典電子工学研究所長らが大使らをお迎えし、創造科学技術大学院棟大学院長室において、ポーランドからの留学生および若手研究者とともに懇談しました。懇談の中で大使から、最近のポーランドと日本との外交上の取り組みや科学技術に関する日本との連携などについてお話しがあり、今後、ますます日本との科学技術の交流が重要であるとのお話がありました。また、参加した静岡大学および浜松医科大学在籍中の留学生および若手研究者とポーランド語で会話をされるなど、終始、和やかな雰囲気のうちに懇談を終え、引き続き電子工学研究所を見学された後、次の訪問地に向かわれました。

Cyryl Kozaczewski駐日ポーランド大使がワルシャワ工科大学Jablonski教授とともに本学創造科学技術大学院と電子工学研究所を訪問
(クリックで拡大します)

前に戻る