8月24日、電気電子工学科喜多隆介教授らが第1回教師のための先端技術体験講座「超伝導体の作製と超低温実験」を実施しました。

8月24日、電気電子工学科喜多隆介教授らが第1回教師のための先端技術体験講座「超伝導体の作製と超低温実験」を実施しました。

続く第2回を10月26日(土)に実施します。第2回は第1回対象者を対象としていますが、空きがある場合のみ受付を行います。
お問い合わせは053-473-1600(楠瀬)までお願いします。

=========================================
2013年度(公益法人)はましん地域振興財団助成事業:教師のための先端技術体験講座①
「超伝導体の作製と超低温実験」~先端物質つくりの体験を楽しい授業体験に活かそう~
  ―マイスナー効果(磁気浮上)や永久電流(電気抵抗ゼロ)を体験しよう!―

対象:浜松市内の中学校・高等学校の教員
募集人員:16名
開催日:
 第1回 8月24日(土):超伝導体の作製(焼成前まで)と超低温実験ビデオによる超伝導応用・研究に関する情報提供
 第2回 10月26日(土):第1回で各自が作製した超伝導体の磁気浮上実験等
場所:静岡大学浜松キャンパス 電気電子棟3階2-31教室
時間:午後2:00-3:30
参加費:無料
主催:静岡大学超伝導技術研究会
講師:楠瀬康寛(実験実習担当講師、元高校理科教員)
代表:喜多隆介(静岡大学工学部 電気電子工学科 教授)
共催:静岡大学工学部
後援:浜松市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社

※講座(第1回)の様子が中日新聞(平成25年8月25日付)と静岡新聞(平成25年8月27日付)で紹介されました。

8月24日、電気電子工学科喜多隆介教授らが第1回教師のための先端技術体験講座「超伝導体の作製と超低温実験」を実施しました。
静岡新聞 平成25年8月27日付(使用許諾済み)(クリックで拡大します)

8月24日、電気電子工学科喜多隆介教授らが第1回教師のための先端技術体験講座「超伝導体の作製と超低温実験」を実施しました。
中日新聞 平成25年8月25日付(使用許諾済み)(クリックで拡大します)

前に戻る