機械工学科 三浦 憲二郎教授が、ロボットの軌道生成に関する論文に対して、精密工学会高城賞を受賞しました。

機械工学科 三浦 憲二郎教授が、ロボットの軌道生成に関する論文に対して、精密工学会高城賞を受賞しました。(2013年3月14日)
高城賞は精密工学分野で独創性に優れ、工業的価値が高いと認められる論文で、その内容が産業界主体で実施されたものを対象とし、精密工学の基礎技術分野での産業界の活動を促進することを目的とする賞です。

贈賞業績:「リニアな曲率・捩率を持つセグメントによる軌道生成」

髙城賞贈賞記録(精密工学会HP):
http://www.jspe.or.jp/shokai/kakusho/takagi.html

三浦 憲二郎研究室HP:
http://ktm11.eng.shizuoka.ac.jp/

機械工学科 三浦 憲二郎教授が、ロボットの軌道生成に関する論文に対して、精密工学会高城賞を受賞しました。
受賞した表彰楯(クリックで拡大します)

前に戻る