電気電子工学科 井上 翼研究室、浜松カーボニクス株式会社(静岡大学発ベンチャー)、CNT製造事業化促進コンソーシアム(JNC株式会社)が、「nano tech2013 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」 nano tech Award 2013において、大賞を受賞しました。

 2012年9月、CNTの大量生産・販売事業の立ち上げ(事業化推進)を目的に結成された、電気電子工学科 井上 翼研究室、浜松カーボニクス株式会社(静岡大学発ベンチャー)、CNT製造事業化促進コンソーシアム(JNC株式会社)が、2013年1月30日~2月1日に東京ビックサイトにて開催されました、「nano tech2013 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」 nano tech Award 2013において、「材料・素材部門」で大賞を受賞しました。

 井上翼准教授による高密度垂直配向成長した多層カーボンナノチューブの製法技術は、多くの来場者の注目を集め、今後、コンソーシアムによる共同研究の進展による事業化への大きな弾みとなりました。

nano tech2013 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議HP:
http://www.nanotechexpo.jp/

井上 翼研究室HP:
http://cnt.eng.shizuoka.ac.jp/index-j.html

電気電子工学科 井上 翼研究室、浜松カーボニクス株式会社(静岡大学発ベンチャー)、CNT製造事業化促進コンソーシアム(JNC株式会社)が、「nano tech2013 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」 nano tech Award 2013において、大賞を受賞しました。
展示会ブースでの様子(クリックで拡大します)

電気電子工学科 井上 翼研究室、浜松カーボニクス株式会社(静岡大学発ベンチャー)、CNT製造事業化促進コンソーシアム(JNC株式会社)が、「nano tech2013 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」 nano tech Award 2013において、大賞を受賞しました。
コンソーシアム受賞メンバー、左端が井上翼准教授(クリックで拡大します)

前に戻る