電気電子工学科 渡邊実研究室のメンバーがIEEE主催の国際会議International Conference on Field-Programmable Technology(ICFPT)のDesign Competitionに挑戦し、開発した「FPGA Connect6 Solver」で世界一となりました。

電気電子工学科 渡邊実研究室のメンバー(森脇烈、余座貴志、上窪勇貴、鳥飼勇希、谷川彰、窪田貴之、伊藤宏幸、白橋侑弥、渡邊実)が2012年12月10日~12日に開催されたIEEE(米国電気電子学会)主催の国際会議International Conference on Field-Programmable Technology(ICFPT)のDesign Competitionに挑戦し、開発した「FPGA Connect6 Solver」で2年連続となる世界一となりました。

ICFPT国際会議
http://icfpt2012.blogspot.jp/


Design Competition
http://icfpt2012.blogspot.jp/search/label/design

渡邊実研究室
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~tmwatan/

電気電子工学科 渡邊実研究室のメンバーがIEEE主催の国際会議International Conference on Field-Programmable Technology(ICFPT)のDesign Competitionに挑戦し、開発した「FPGA Connect6 Solver」で世界一となりました。
(クリックで拡大します)

前に戻る