工学部機械工学科 山極研究室が参加した宇宙実験が、JAXAの観測ロケットにより行われました。

 工学部機械工学科 山極研究室が宇宙航空研究開発機構(JAXA)、首都大学東京、香川大学とともに開発に参加したベア導電テープテザー宇宙実験装置が、平成22年8月31日午前5時、JAXAの観測ロケットS-520-25号機により打ち上げられ、無事実験を終了しました。
 本実験は、推進剤を使わない宇宙推進機であるエレクトロダイナミックテザーの基礎実験で、ベアテープテザーという新しい方式のテザーについての世界初の実験となりました。

JAXAのS-520-25機実験についてのHP:
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2010/0831.shtml

山極研究室HP:
http://mech.eng.shizuoka.ac.jp/yamagiwalab/

前に戻る