工学部メールマガジン 創刊号


               静岡大学工学部メールマガジン [創刊号] 2011年07月 配信  
      http://www.eng.shizuoka.ac.jp/outline/magazines/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆☆☆ 創刊号発行 ☆☆☆   
  このたび、メールマガジンを創刊いたしました。
  本メールは、静岡大学工学部の近況についてお知らせします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 1. 【工学部長挨拶】 創刊にあたって

┃ 2. 【ボランティアの精神(こころ)ということ】 特別寄稿(添付ファイル)

┃ 3. 【工学部のNews & Topics】

┃ 4. 【工学部の研究紹介】 宇宙推進システムの研究

┃ 5. 【お知らせ】工学部案内、はまかぜ、オープンキャンパス情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 【工学部長挨拶】 創刊にあたって       東郷 敬一郎
────────────────────────────────────
                        

 この3月11日の東日本大震災において被災された多くの方々にお見舞い申し
上げますとともに、一日も早い復興を心よりお祈りしております。

 さて、静岡大学工学部は、この数年来、ものづくりを基盤とした人材育成、
世界に羽ばたく研究、地域社会、産業への貢献を目指して、教育、研究、
社会連携に取り組んでおります。その活動の様子や成果を、OB・OG(浜松工業会)
の方々を始め、小中高校生、地域住民の方々など一般の方々に知ってもらい、
ご理解とご協力を得ることが重要であろうと思っております。そこで、この度、
広報活動の一環として、一般の方々を対象に、静岡大学工学部メールマガジンを
創刊することになりました。このメールマガジンでは、工学部における話題や
情報を簡潔に提供し、その詳細は工学部ホームページで見ていただくという
方法を取りたいと思っております。定期的に発刊する予定ですので、是非、
メールマガジンに対するご要望を寄せていただきたく存じます。

 このメールマガジンが工学部と社会とを繋ぐ一つの場として育っていくことを
祈念しまして、創刊にあたっての挨拶とさせていただきます。


 ↓工学部HP上の学部長メッセージはコチラ 

 Web上での学部長メッセージ 
 http://www.eng.shizuoka.ac.jp/outline/message/

 映像で見る静大工学部(工学部長メッセージ)(YouTube)
http://www.youtube.com/user/engshizuoka


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2]【ボランティアの精神(こころ)ということ】   杉山 融
────────────────────────────────────

 静岡大学副学長(学生支援担当)の杉山融先生の特別寄稿
ボランティアの精神(こころ)ということ」は添付のpdfファイルにて紹介します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 【工学部のNews & Topics】
────────────────────────────────────

■文部科学大臣表彰受賞              佐古 猛、岡島 いづみ
 
 創造科学技術大学院・佐古猛教授と工学部物質工学科・岡島いづみ助教が
「超臨界・亜臨界流体を用いる地球環境保全技術の研究」について、
文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞しました。

 地球温暖化の進行、有害物質による身の回りの汚染、大量の廃棄物の
蓄積といった環境悪化を食い止めて、清浄な地球環境を取り戻すための、
無害で環境負荷が少ない超臨界・亜臨界流体を用いる環境保全技術、環境に
優しいもの作り技術の研究業績に関する受賞です。


 ↓詳細はコチラ

 佐古・岡島研究室ホームページ
http://cheme.eng.shizuoka.ac.jp/~sakolab/index.html

  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■工学部の研究プロジェクト            道下 幸志

 工学部では、グループ化による研究力アップを目指して2009年より工学部研究
プロジェクトの募集を開始しました。1グループ当り80万円を上限とする
研究費を活かして、科学研究費補助金では基盤研究B以上、それ以外では概ね
3000万円以上の高額研究費を獲得することを目標にするものです。

 過去2年間で9件のテーマが認定され、その内6件が当初の目的を達成し、
今年も現在、テーマの募集中です。魅力的な研究を生み出すきっかけになって
欲しいと考えています。
 

 ↓詳細はコチラ

 工学部プロジェクト
 http://www.eng.shizuoka.ac.jp/research/project/
  

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■学生サークル活動                福田 充宏

 現在静岡大学浜松キャンパスでは、約20の文化系サークルと約42の体育会系
サークル、さらに20程度の同好会があります。中には全国レベルで活躍している
サークルもあり、勉学とともにサークル活動に打ち込むことにより、学生たちは
充実した学生生活を送っています。

 最近ではフォーミュラーカーを製作するShizuoka University Motors(SUM)や
鳥人間コンテストに参加しているヒコーキ部など、工学部の教育の延長でもある
「ものづくりサークル」も増えています。

 今後それぞれのサークルの活動を、メールマガジンを通じて紹介していく予定
です。


 ↓詳細はコチラ

http://www.eng.shizuoka.ac.jp/campuslife/circle/
http://www.eng.shizuoka.ac.jp/campuslife/manufacturing/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■工学部のWeb紹介                石原進

工学部のWebページでは学部・各学科の教育内容・研究活動の紹介の他、
アクティブに活躍されている教員の活動紹介記事,学生・教員の受賞などの
日々のニュース、工学部にまつわる様々なプロジェクトの紹介をしています。

 また昨年、工学部のYouTubeのチャンネルを開設しました。こちらでは、
授業やロボットコンテストの様子、卒業生が出演したNHK TV番組
「プロジェクトX」のダイジェスト版をご覧いただけます.


↓詳細はコチラ

静岡大学工学部・大学院総合科学技術研究科工学専攻
 http://www.eng.shizuoka.ac.jp

映像で見る静大工学部(YouTube)
 http://www.youtube.com/user/engshizuoka


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 【工学部の研究紹介】 宇宙推進システムの研究 機械工学科 山極研究室
────────────────────────────────────

 当研究室では、将来型の宇宙輸送システムについての研究を行っています。
具体的には現在宇宙輸送の手段として使われている効率の悪いロケットに代わる
宇宙にある物質を推進剤として利用する、もしくは、推進剤を利用しない、宇宙
推進システムの研究です。前者は、宇宙の塵を推進剤として利用する
スターダスト推進機です。宇宙の塵を帯電させて電圧をかけて排出することで
推進力を得ます。これが可能になれば、推進剤の途中補給が可能になり、大量の
推進剤を地球から持参しなくても、遠くの惑星まで飛行できます。 現在、推進
効率を上げるべく実験を重ねています。後者は、宇宙テザーという、衛星や
宇宙船から伸ばした長いワイヤを利用します。ちょうど、ハンマー投げと同じ
ように、テザーの先端に荷物を取り付け回転させて切り離すことで、荷物を
高い軌道や月、惑星に輸送する回転テザーや、テザーに電流を流し地球磁場との
干渉で発生する電磁力で宇宙船の軌道を変える導電テザーというものがあります。
導電テザーについては、2010年8月に当研究室を含む大学チームが,JAXAの観測
ロケットを利用して世界初の宇宙実験を実施しました。このテザーはさらに長く
伸ばして軌道上と宇宙を繋ぎテザーに沿ってエレベータで荷物を輸送するという
宇宙エレベータの発展させることができます。


 ↓詳細はコチラ

 (夢ナビの講義)
 http://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g003316&OraSeq=5952433&ProId=WNA002&SerKbn=W&SearchMod=4&Page=1&KeyWord=%e5%b1%b1%e6%a5%b5%e3%80%80%e8%8a%b3%e6%a8%b9
 http://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g003315&OraSeq=5952433&ProId=WNA002&SerKbn=W&SearchMod=4&Page=1&KeyWord=%e5%b1%b1%e6%a5%b5%e3%80%80%e8%8a%b3%e6%a8%b9

 (導電テザー宇宙実験の情報)
 http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2010/0831

↓山極研究室ホームページ
http://mech.eng.shizuoka.ac.jp/yamagiwalab/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 【お知らせ】
────────────────────────────────────

 ●2012年度工学部案内が発行されました。各学科の情報が紹介されています。

  ↓詳細はコチラ
http://www.eng.shizuoka.ac.jp/pdf/guide2012.pdf

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥・‥・

 ●はまかぜ18号が発行されました。

 ↓詳細はコチラ
http://www.eng.shizuoka.ac.jp/outline/newsletters/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥・‥・

 ●浜松キャンパス情報
  8月8日にオープンキャンパスが開催されます。

  ↓詳細はコチラ
http://www.eng.shizuoka.ac.jp/admission/opencampus/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ~最後までお読みいただきありがとうございました~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【静大工学部メールマガジン】
配信停止・配信追加・アドレス変更は、下記ホームページよりお手続きください。
http://gijutsubu10.eng.shizuoka.ac.jp/eng/index.html
ご意見、ご感想はこちらまでメールにてご連絡下さい。
tmagazin@ipc.shizuoka.ac.jp
(Web管理は、工学部の技術部(情報)が担当)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行  静岡大学工学部広報企画室 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━