吉村 仁教授(数理システム工学系列)らは動的効用関数を用いたゲーム理論を構築し、特別な条件を導入しなくても協力行動が促進・進化する可能性を示しました

吉村 仁教授(数理システム工学系列)らは、動的効用関数を用いたゲーム理論を構築し、特別な条件を導入しなくても協力行動が促進・進化する可能性を示しました。この成果は、Nature Publishing Group の国際科学オンラインジャーナルScientific Reports(2017年2月24日)に発表しました。

吉村 仁研究室 HP:
http://www.sys.eng.shizuoka.ac.jp/~jin/

前に戻る