松井 信准教授(機械工学系列)の半導体レーザーを用いたプラズマ生成に関する研究が報道

松井 信准教授(機械工学系列)の半導体レーザーを用いたプラズマ生成に関する研究が、静岡新聞2017/2/7 夕刊3面で報道されました。本研究の成果は、大気圏突入時の高温環境を模擬できる高エンタルピー風洞の開発に応用することができます。

松井 信研究室HP:
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~tmmatui/index.html

静岡新聞 平成29年2月7日付(記事掲載許諾済)

前に戻る