機械工学専攻 修士2年 二上 尚文君(生源寺研究室)が、インタラクション2016においてインタラクティブ発表賞(PC委員推薦)を受賞

機械工学専攻 修士2年 二上 尚文君(生源寺 類研究室)が、2016年3月2日~4日に開催されました、第20回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2016において、インタラクティブ発表賞(PC委員推薦)を受賞しました。二上君らのインタラクティブ発表「カメラ付き携帯情報端末を用いた復号を目的とした自己復号型ランダムグリッド」(二上 尚文、生源寺 類)は、全225件の中からプログラム委員会による推薦で選ばれました。

発表タイトル:「カメラ付き携帯情報端末を用いた復号を目的とした自己復号型ランダムグリッド」

第20回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2016:
http://www.interaction-ipsj.org/2016/award

生源寺 類研究室HP:
http://www.sys.eng.shizuoka.ac.jp/~shogenji/

前に戻る