機械工学専攻 坂井田 喜久教授が、日本材料学会のX線材料強度部門委員会において業績賞(研究)を受賞

 機械工学専攻 坂井田 喜久教授が、2015年2月6日に京都にて開催された、日本材料学会において、X線材料強度部門委員会の業績賞(研究)を受賞しました。受賞題目は「クロムモリブデン浸炭焼入鋼の残留ひずみ・応力の非破壊評価に関する研究」で、同教授がここ10年に亘って行ってきた研究業績が評価されたものです。
 本賞は、X線材料強度に関する研究・技術において顕著な業績を上げたものを選考し、それに授与されるもので、第175回X線材料強度部門委員会で表彰され、賞状と副賞の楯が授与されました。なお、表彰式後に受賞記念講演が行われ、平成27年7月号の学会誌「材料」の巻頭言において本業績賞が紹介される予定です。

日本材料学会X線材料強度部門委員会 HP:
http://x-ray.jsms.jp/

坂井田 喜久・矢代 茂樹研究室 HP:
http://ssy.eng.shizuoka.ac.jp/


受賞した坂井田 喜久教授(クリックで拡大します)


受賞した表彰状(左)と受賞楯(右)(クリックで拡大します)

前に戻る