自動車技術会主催「第11回 全日本学生フォーミュラ大会」において、静岡大学チーム"Shizuoka University Motors"が、「スポーツマンシップ賞」を授与されました。

 2013年9月3日~7日に、静岡県小笠山総合運動公園(エコパ、袋井市)にて開催されました、自動車技術会主催「第11回 全日本学生フォーミュラ大会」において、静岡大学チーム"Shizuoka University Motors"(工学部・工学研究科学生、顧問:機械工学専攻 福田 充宏教授)が、「スポーツマンシップ賞」を授与されました。
 これは、同大会に参加した、本学の海外交流協定校である嶺南大学(韓国)やガジャマダ大学(インドネシア)のチームへのサポートが評価されたものです。
 全日本学生フォーミュラ大会は、学生が自ら構想・設計・製作した車両により、ものづくりの総合力を競う大会です。海外からの参加チームも多く、静大チームと海外大学のチームとの交流の場ともなっています。協定に基づく学生・研究者の派遣・受入れに限らず、こうした多様な交流が今後も盛んに展開されることが期待されます。

全日本 学生フォーミュラ大会HP:
http://www.jsae.or.jp/formula/jp/

Shizuoka University Motors(SUM) HP:
http://sum-fsae.com/


受賞楯(クリックで拡大します)

前に戻る