機械工学専攻 修士1年 稲山 朝仁君(坂井田 喜久・矢代 茂樹研究室)が、日本材料学会第62期学術講演会において、日本材料学会優秀講演発表賞を受賞しました。

 機械工学専攻 修士1年 稲山 朝仁君(坂井田 喜久・矢代 茂樹研究室)が平成25年5月18日から19日に、東京工業大学で開催されました日本材料学会第62期総会・学術講演会において、「電子線後方散乱回折法による浸炭焼入鋼の固有ひずみ評価」の研究発表により、日本材料学会優秀講演発表賞を受賞しました。
 本賞は総会・学術講演会における特に優秀な講演発表者に対して授与するもので、表彰対象者は35歳未満の会員です。平成25年6月はじめに、日本材料学会ホームページにて受賞者の発表が行われました。また、毎年7月の学会誌において受賞者の題目と写真が掲載されます。

日本材料学会HP:
http://www.jsms.jp/prize/yushu62.html

坂井田 喜久・矢代 茂樹研究室HP:
http://ssy.eng.shizuoka.ac.jp/


受賞した表彰状(クリックで拡大します)


優秀講演発表賞の表紙(クリックで拡大します)

前に戻る