機械工学専攻 修士2年 吉井 健太郎君(橋口 原研究室)が、日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 2012年度優秀講演奨励賞を受賞しました。

機械工学専攻 修士2年 吉井 健太郎君(橋口 原研究室)が、2012年9月12日に金沢大学で開催されました、日本機械学会 年次大会において、「アルカリイオン含有酸化膜エレクトレットを形成した櫛歯振動子の発電特性」の研究発表により、日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 2012年度優秀講演奨励賞を受賞しました。
本賞は、当該年(1月~12月)に開催された情報・知能・精密機器部門が企画主催する講演会及びこれに準ずる講演会において発表された本部門関連分野の講演論文中、技術の発展性が特に顕著に期待される論文の発表者で、発表時に30才未満のものに授与されるものです。
受賞式は、2013年3月21日に執り行われました。

日本機械学会 情報・知能・精密機器部門HP:
http://www.jsme.or.jp/iip/index.html


受賞した表彰楯(クリックで拡大します)

前に戻る