機械工学専攻1年 古市 肇君(齋藤 隆之研究室)が、日本混相流学会年会講演会2012において、優秀講演賞を受賞しました。

機械工学専攻1年 古市 肇君(齋藤 隆之研究室)が、平成24年8月9日~11日に東京大学 柏キャンパス(千葉県柏市)で開催されました、日本混相流学会年会講演会2012において、優秀講演賞を受賞しました。

古市君のコメント:
 この度は栄誉な賞を頂き、誠に光栄に存じます。これまでの2年間、厳しくご指導頂いた齋藤教授に深謝致します。また、本受賞は齋藤教授ならびに先輩方の長年の積み重ねによる賜物です。本研究では、微小な気泡・液滴の計測技術である光ファイバープローブの数値解析法を独自に開発したことによって、過去40年間近く議論されてきた大きな課題に対する解決策を提案し、さらに今後のプローブ計測の発展に新しい可能性を見出しました。発表では分かり易くかつ要点を絞ったプレゼンテーションを心がけた結果、研究者の方々より大変貴重なご意見・ご指摘を賜り、モチベーションをさらに上げて研究に励むことができます。世界に貢献できるような研究者を目指して、気を引き締めて取り組んで参ります。

齋藤 隆之研究室HP:
http://flow.eng.shizuoka.ac.jp/

本混相流学会年会講演会2012 HP:
http://www.jsmf.gr.jp/nenkai2012/index.html


受賞した表彰状(クリックで拡大します)


古市肇 君(クリックで拡大します)

前に戻る