機械工学専攻1年 古市 肇君(齋藤 隆之研究室)が、2011年度日本冷凍空調学会年次大会において、優秀講演賞を受賞しました。

機械工学専攻1年 古市 肇君(齋藤 隆之研究室)が、2011年度日本冷凍空調学会年次大会において、「単一光ファイバープローブを用いた気泡計測時のプレシグナル検知による接触位置判定法」の研究発表に対し、35歳未満の研究者を対象とした「優秀講演賞」を受賞しました。
表彰式は、2012年5月14日に執り行われました。

古市君のコメント:
 この度は栄誉ある優秀講演賞を賜り、誠に光栄に存じます。まず、学部生だった私にこのような機会を与えて下さった齋藤隆之教授に深く感謝申し上げます。この賞は、たくさんの方々に支えられて得た成果です。特に、齋藤教授ならびに先輩方には、厳しくも温かいご指導を戴きました。また、分かりやすいプレゼンテーションを心がけ、真摯な気持ちで質問に対応できたのも、日頃の研究室内での活発な議論があってこそだと確信しています。
 日本冷凍空調学会は、大学・公的研究機関だけでなく、企業との結びつきが強い歴史ある学会です。そのため、実用的かつ高度な計測技術の実現を目指す私たちにとって、今回の受賞は最高の活力源になります。私たちの身近にある冷凍空調技術の振興に直接貢献していることを実感でき、誇りに思います。将来の日本を支えるエンジニアとなるために、今後とも大学院での研究に日々邁進していく所存です。

2011年度日本冷凍空調学会年次大会HP:
http://nenji.jsrae.or.jp/nenji2011/

齋藤 隆之研究室HP:
http://flow.eng.shizuoka.ac.jp/


受賞した表彰状(クリックで拡大します)


古市君(クリックで拡大します)

前に戻る