渡邊実研究室のメンバーがInternational Conference on Field-Programmable Technology (FPT'10)国際会議の「FPGA(Field-Programmable Gate Array)design competition」に挑戦し、開発したソルバー「Othello Solver based on a soft-core MIMD processor array」で世界第2位を獲得しました。

電気電子工学専攻2年 間渕 隆之君(渡邊実研究室)、電気電子工学専攻1年 青山 裕司君(渡邊実研究室)、森脇 烈君(渡邊実研究室)、電気電子工学科4年 渡邊 貴弘君(渡邊実研究室)、Gundjalam Amarjargalさん(渡邊実研究室)、山地 勇一郎君(渡邊実研究室)、中田 浩成君(渡邊実研究室)と渡邊 実(工学部 准教授)がInternational Conference on Field-Programmable Technology (FPT'10)国際会議の「FPGA(Field-Programmable Gate Array)design competition」に挑戦し、開発したソルバー「Othello Solver based on a soft-core MIMD processor array」で世界第2位を獲得しました。

International Conference on Field-Programmable Technology (FPT'10)国際会議
http://tiger.cs.tsinghua.edu.cn/fpt2010/

渡邊実研究室
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp/~tmwatan/


(クリックで拡大します)

前に戻る