トップページ >> 学科紹介 >> 化学バイオ工学科/化学バイオ工学専攻
学科紹介

化学バイオ工学科/化学バイオ工学専攻

化学バイオ工学科の概要

環境応用化学コース、バイオ応用工学コースの2コース制です。化学およびバイオ工学の基礎、化学反応を基にした環境化学、ファインケミカルズ、およびプロセスシステム工学、さらには循環型低炭素化社会の構築を目指したグリーンケミカルバイオロジーなどの分野に対して理解を深めます。2つのコースで、それぞれの分野に特徴を見出しつつ、化学やバイオ工学を基盤とした産業分野において将来の展開を視野に入れた研究・教育を行います。

教育内容 コース紹介 卒業後の進路 教員紹介

化学バイオ工学科/化学バイオ工学専攻

化学バイオ工学科の教育

環境調和型の高機能物質のデザイン・創成や、環境化学、化学システムの開発・設計法を学ぶとともに、化学技術と生物工学を融合させた「生物からのものづくり技術」に関する教育を行います。化学をベースとした工学的応用を進めていくことにより、研究開発やシステム構築を含めた化学分野全体に対し、責任を持って積極的に目的を遂行できる社会のリーダーたる人物の育成を目指しています。

1年次から2年次にかけては、化学バイオ工学を学ぶ上で強固な基盤となる理系共通科目(数学や物理など)や基礎化学を中心に学び、基礎知識の充実をはかります。2年次以降は、各コースにわかれ、実習や演習を多く取り入れてより専門的な内容を学びます。4年次には卒業研究・セミナーを通じてより高いレベルの専門知識を身につけます。

環境応用化学コース

化学反応の仕組みや原理に基づく応用化学を理解し、ライフスタイルに豊かさをもたらす精密機能物質(ファインケミカルズ)のデザインと創成に積極的にチャレンジします。

グリーンテクノロジーやプロセス設計を学び、環境に優しい新しい技術開発へと展開することのできる人材、ならびに「ものづくり」において、応用化学を通した自然環境との共生、調和を目指し、化学工学的にハンドリング可能な幅広い学力を持つ躍動的な人材を育てます。

近年のグローバル化の進みは著しく、製品に対する信頼性の向上はもちろん、地球規模での環境保全や技術的貢献が強く求められています。悪化し続ける地球環境の改善や、限りあるエネルギー資源の有効利用、あるいは未来を拓く革新的な技術開発は欠くことのできない命題です。 こうした中、人類の生活を豊かにする環境調和型社会の構築を念頭に、物質の基本原理を理解しつつ精密機能物質のデザインに精通し、それらの知識を環境に配慮した上で化学工学的にハンドリングする能力を有した人材が求められています。

環境応用化学は、「科学技術の革新」と「環境との共生」で根幹をなす学問であり、ものづくりに関わる全ての領域で重要な役割を担っています。この分野での最先端の「化学」の力を身につけ、環境問題を始めとする様々な課題に立ち向かう未来志向型の人材を育成していきます。

本コースは、改組前の物質工学科 材料科学コースの応用化学系と化学システム工学コースの環境化学系、および化学工学系を引き継いでいます。

環境応用化学コース

バイオ応用工学コース

バイオ応用工学コースでは、無機化学、有機化学、物理化学、化学工学といった一般的な物質工学の基礎学問に加えて、生物化学、生体機能分子工学、酵素工学、微生物工学、生物化学工学といったバイオ技術に関わる専門的な学問を学びます。そして、「化学と生物工学を融合させた新しいバイオ技術」の開発能力の習得を通して「生物からのものづくり」に挑戦することができる人材を育成します。

21世紀は、脱化石資源の観点から地球環境にやさしいバイオ技術への期待が大きく、将来有望な産業分野としてバイオ関連分野が注目されています。特にバイオ技術を用いて、エネルギー資源や化成品原料を作るグリーンバイオテクノロジーが今後展開されると予想されています。それに貢献するには、バイオに関する知識だけではなく、バイオ分子を構成する物質の化学からの理解と、バイオ反応の基礎となる化学反応の知識と、 それを実社会に役立てるプロセスとする工学知識が必要になります。東海地域は、食品・医薬品産業の盛んな地域として、遠州地域および名古屋を中心として化学をベースとしたバイオ産業創生の取組みが化成品メーカーにより行われつつあります。しかし、これまで浜松地域にはバイオ技術を教育する教育機関がなく、その整備が課題となっていました。本コースでは、化学を基盤とし生物工学を融合させた教育・研究を実施することで、これからの社会に必要な新しいバイオ技術開発ができる人材の育成を行います。

本コースは、改組前の物質工学科材料科学コースの高分子・分子触媒分野と化学システム工学コースのバイオ・プロセス分野、ならびに農学部の生物有機分野が融合してできた新しいコースです。

バイオ応用工学コース

卒業後の進路

前身である物質工学科では、学部卒業生の約60%が大学院修士課程に進学し、最先端の専門知識・技術を学んでおります。

化学バイオ工学は、化学、石油産業、高分子・繊維産業、食品産業、印刷業、鉄鋼・非鉄金属産業、電子部品、電気・情報産業、医薬、医療、福祉・環境技術、輸送機械、運輸、通信、光産業など極めて幅広い産業分野の基礎となっており、卒業生、修了生は、既に地元浜松地域をはじめとする東海地域の企業、および各産業分野のリーディングカンパニーにおいて将来を担う人材として期待されています。

前身である物質工学科の就職率はほぼ100%です。

主な就職先(平成22~24年度卒業・修了生)

※本学科に所属する教員の研究室を卒業・修了した学生の実績に基づくものです。

IHI
アイシン精機
旭硝子
出光興産
イビデン
小野薬品工業
京セラ
クラレ
栗田工業
佐藤製薬
JSR
J-オイルミルズ
清水建設
信越化学工業
スズキ
住友化学
積水化成品工業
ゼネラル
トヨタ車体
日揮
日産化学工業
日本ガイシ
日本特殊陶業
日立造船
浜松ホトニクス
ブリヂストン
三井化学
三菱化学
三菱樹脂
三菱レイヨン

取得可能資格

高等学校教諭一種免許状(工業)

教員

環境応用化学コース

環境応用化学コース教員一覧

教授
植田 一正 材料有機化学
小林 健吉郎 発光デバイスの開発
佐古 猛 超臨界流体工学
福原 長寿 触媒化学・反応工学
前田 康久 光電気化学・光機能化学
依田 秀実 有機化学・精密有機合成
准教授
孔 昌一 超臨界流体・移動現象
高橋 雅樹 有機化学・精密有機合成
立元 雄治 乾燥装置・粉体操作
冨田 靖正 無機固体物性
前澤 昭禮 化学工学・環境保全
松田 智 化学環境工学
宮林 恵子 無機化学
講師
武石 薫 触媒・新エネルギー
助教
岡島 いづみ 超臨界流体工学
河野 芳海 無機多孔質体・光触媒
仙石 哲也 有機化学・精密有機合成
渡部 稜 触媒化学・反応工学

バイオ応用工学コース

バイオ応用工学コース

教授
梅本 宏信 レーザー化学
木村 元彦 医用生体工学
金原 和秀 環境生物プロセス工学
田坂 茂 生体高分子材料
二又 裕之 環境微生物・エネルギー・環境浄化
間瀬 暢之 生物有機化学・有機触媒化学
渡辺 修治 生物有機化学
研究・教育体制の充実のため、さらに教授を採用予定です。
准教授
川井 秀記 有機光機能発光材料
新谷 政己 環境微生物学・微生物遺伝学
杉田 篤史 高分子物性・光バイオ計測
武田 和宏 プロセスシステム工学
戸田 三津夫 生物有機化学、環境モニタリング科学
平川 和貴 光化学、生物分子科学
吉田 信行 応用微生物学、微生物細胞機能学、生化学
研究・教育体制の充実のため、さらに准教授を採用予定です。
助教
松田 靖弘 高分子溶液学・生体親和性高分子
田代 陽介 環境微生物学・細胞間コミュニケーション
研究・教育体制の充実のため、さらに助教を採用予定です。

 

〒432-8561 浜松市中区城北3-5-1 静岡大学工学部  Copyright© Shizuoka University. All Rights Reserved.